SSL化(暗号化)の必要性

Webサイト制作

SSL化(暗号化)の必要性

2018-07-18

Googleが提供しているブラウザChromeでは、今月7月後半リリース予定の「Chrome 68」から、常時SSL化されていないサイトに対しては、
アドレスバーに「保護されていません」と警告が表示されるようになります。

「SSL」って何?
「SSL化していないとどうなるの?」ということについてお伝えします。

SSLとは?

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、
ホームページ閲覧者が、名前やメールアドレスなどのテキストをお問い合わせフォームなどに入力した時に、その内容を暗号化してサーバーに送信する仕組みのことです。

暗号化することによって送信内容が盗まれるのを防ぐためです。

SSL化されたサイトというのは、
ドメインのURLが「http://~」ではなく、「https://~」で始まります。

SSL化することで、Webサイト全体の信頼性や安全性を向上させることを指し、GoogleはSSL化を推奨しています。

SSL化されているサイトは、緑の鍵マークと「保護された通信」と表示されます。

SSL化されていないサイトはどうなるのか?

現時点でSSL化されていないページには「!」というマークが表示されます。

つまり、今月7月下旬より、Googleが提供しているブラウザ「Chrome」の新バージョン「Chrome 68」に切り替わると、「http://」ではじまるウェブサイトにアクセスしたときに、アドレスバーに「保護されていません」という警告が表示されるようになります。

Chromeは日本で利用者が多いブラウザですが、はたして、PCのアドレスバーのメッセージに気づく人がどれくらいいるのかはわかりませんが、「保護されていません」と表示されているのを何も知らない人が見たら、「このサイトは危ない」と思って見ないかもしれませんね。

SSL化するためにどうしたらいいの?

「SSL証明書」を有料または無料でご利用のサーバー会社から入手し、サーバー側のサイト設定と、今まで通り「http://~ 」で始まるURLにアクセスしても、「https://~」で始まるURLに自動的に転送されるように設定を行います。



コメントを残す

*

PAGE TOP



LibraStaff(リブラスタッフ)

カテゴリ




MENU

CONTACT
HOME